スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首は絶対に揉んじゃダメ!! 定期的に首のマッサージをしているあなた……大変なことになりますよ!!


最近、ゲームやらパソコンやらで、

前かがみの姿勢が長時間続き、そのせいで首に大きな負担がかかる。そもそも頭はボーリングの球ほどの重さがあるらしく、その重りを常時支える首は相当な負担がかかっている。にもかかわらず、悪い姿勢でいることでさらに首に負担がかかってしまう。特に首の筋肉は他の筋肉と比べ、デリケートであるため、こんな重労働を強いることで、すぐに筋肉は疲労してしまう。するとどうなるか。筋肉が固くなり、血流が悪くなる。血流が悪くなることで、酸素と栄養が十分に取り込まれず、代謝が悪くなってコリが生じる。体と頭の橋でもある首がコルことで、脳への栄養や酸素や制限され、集中力や思考の低下といった日常生活でのパフォーマンスにも大きな影響がでてくる。その他、慢性的な肩こりや頭痛の原因にもつなが……



首のコリがひどい。




どうもみなさんお元気ですか? 64弟です。

最近、首のコリがひどくて、悩んでます。
あまりに辛い時は自分で揉んだり、マッサージ器でほぐしたりしてるのですが、

実は首を揉むのって 絶対にやってはいけない ことのようです。


161119_eyecatch01.jpg





えっ?……マジ?




なんで首を揉んじゃいけないの?


自律神経が乱れる?


首は自律神経を担う、交感神経副交換神経と密接な関係があるそうです。

  • 交換神経とは、活動している時や緊張している時にはたらく神経のこと。

  • 副交換神経とは、リラックスしている時や眠っている時にはたらく神経のこと。


この2つの神経がバランスよく交互にはたらくことで、健康的に過ごすことが出来るのですが、
指圧といった外からの力が加わることで、自律神経が乱れてしまうらしく。
それによって体に以下のような不調が現れるとのこと。

  • 疲れやすい

  • 熱っぽい

  • 頭痛

  • 肩こり

  • めまい

  • 耳鳴り

  • 情緒不安定

  • 自律神経性のうつ病、新型うつ

  • 食欲不振

  • 不眠症

  • 多汗症

  • 便秘・下痢

  • etc……


あ、ちょっと当てはまってる……
みなさんはいかがですか……?




首の筋肉が傷つく?


首の筋肉は1つ1つが細く、デリケートなので
凝り固まった筋肉を揉むことは、損傷の恐れや症状が悪化する恐れがあるとのこと。

首って厄介すぎやしませんか?




血管が傷つく?


首を揉むことによって、血管に張り付いている血栓血管のカスが剥がれて血管が詰まり、
最悪の場合、脳卒中になる恐れがあるとのこと。

マジか?! 脳卒中とかシャレになりませんよ……


それじゃあコリはどうやって解消するのがいいの?


さまざまな弊害が伴いますので、首を揉むことはすぐにやめたいところです。
かといってコリがひどい場合、どうしても揉みたくなってしまいますよね。
揉まずに解消するにはどうすればいいのでしょうか。


ホットタオルを使って、首を温めよう!


首を温めることで、首の筋肉の緊張がほぐれて血行が良くなり、コリが和らいだり防ぐことができます。
ホットタオルは簡単に準備が出来るのでオススメです。

他にもドライヤーなんかでも温めることができるので、
毎朝、寝癖を直す際にでも、行ってあげるといいかもしれません。
(眠気と憂鬱感も同時に解消できるので、僕は最近、毎朝行ってます。)




首を後ろに反らしてあげよう!


首を後ろに反らすことによって、筋肉が緩んで血流が良くなるので、コリが和らぎます。
僕は長時間のデスクワークが多いので、一息ついた時にこの方法を行ってます。


さいごに


最近はスマホPCの普及で、うつむき姿勢になる機会が増えています。
うつむき姿勢はどうしても首に負担がかかってしまうので、注意が必要です。
首をいたわるためにも、予防として画面の高さを目線に合わせる。など、うつむき姿勢を控えてあげるとよさそうです。

それと首が冷えると、血流や代謝が悪くなりコリが生じやすくなるそうです。
また、神経も冷えることで働きが悪くなるそうなので、
これからの寒い季節にはマフラーネックウォーマーなどで、冷えから首を守ると良さそうです。


みなさんいかがでしたでしょうか。

首のコリはしっかりと予防をし、
もし首のマッサージが日課になってましたら、これを機にやめたほうがいいですよ!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。