花粉症の薬と対策! 効くものと悪化させるものまとめ


img-20170320-03.jpg
日ごとに暖かさを感じられ、春の風が快い季節となりました。
桜のつぼみの膨らみに開花を楽しみにしてしまう。そんな春を感じるこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


え? 僕ですか?




花粉症がつらい……。

img-20170320-02.jpg
ぶえっくしょいッッッ!!


目はかゆくなるし、
頭はボーッとするし、
鼻はつまるし、
あと肩コリもするねんな


なんやコレ……



そんなマスク着用がデフォの季節。


そこで花粉症についての対策や薬を調べて実践してみたところ、
なかなかに効果があったので、

今回は、そんな花粉についての対策とタブーをまとめてみました!




花粉症に効くもの


まずは花粉症に効き目のある食材をまとめてみました。


ヨーグルト


ヨーグルトに含まれる乳酸菌で腸内環境を整えることによって、体質改善免疫強化につながります。なので花粉症状の緩和が望めます。

しかし、ここで注意して欲しいのが、普通のヨーグルトではあまり効果が見込めないということです。
腸までに届く前にほとんどの乳酸菌が死んでしまうのです。


また乳酸菌にも種類があり、
花粉症に効く種類は以下になりますので、これらが含まれているヨーグルトを選ぶといいですよ!

  • フェカリス菌

  • L-55乳酸菌

  • LGG乳酸菌

おすすめは『LGG乳酸菌』を多く含んだタカナシ乳業の『おなかへGG!』や、
乳酸菌飲料になりますが、『フェカリス菌』を多く含んだ伊藤園の『朝のYOO』です。





玉ねぎ


『ケルセチン』という成分が花粉アレルギー反応を抑えてくれるのですが、
このケルセチンを多く含んでいる食材が玉ねぎになります。

そして多く含まれる箇所は玉ねぎの皮の部分なので、うまく調理をして摂取しましょう。



蓮根


蓮根には、『タンニン』というポリフェノールが多く含まれていて、
この成分はアレルゲンに反応する『IgE抗体』を抑制する働きがあります。

なので、花粉症に限ったことだけでなく、アトピーや喘息の改善にも期待できます。


花粉症時のタブー


逆に花粉症に悪影響を与える、悪いものをまとめてみました。


ファーストフード、インスタント食品


ファーストフードやインスタント食品には免疫機能を低下させる『トランス脂肪酸』が多く含まれているため、アレルギー反応が出やすくなります。


この『トランス脂肪酸』は他にも菓子パンやチョコレート菓子、クッキーにも多く含まれているので、花粉が過ぎ去るまで、少し控えましょう。
マーガリンなんかは特に多く含まれているのでご法度です。



お酒


飲酒によって『アセドアルデヒド』という物質が体内で生成されます。
そしてこの『アセドアルデヒド』によって、花粉症を誘発させるヒスタミンの分泌を促してしまうのです。

なので、花粉が飛び交う週は飲酒をなるべく控えましょう。



辛いものや刺激物


香辛料などの刺激物は、鼻の毛細血管を刺激してしまうので、鼻水が増えたり、鼻づまりを悪化させてしまうので、こちらもなるべく控えましょう。


花粉症で誤解されているもの


img-20170320-01.jpg

花粉症にコーヒーは別に悪くない? 逆に良い?


「コーヒーに多く含まれる刺激物であるカフェインは、花粉症を誘発させるんじゃないか?」

実はこれは誤りでして、カフェインは高まりすぎた免疫を抑制し、炎症を鎮めて症状を改善させる効果があります。


また、コーヒーにもポリフェノールが多く含まれるので、アレルギー反応を抑制してくれます。


飲む時に気をつけたいのが、砂糖やミルクは入れないことです。
砂糖は体内でエネルギーに変える際にビタミンミネラルを使用してしまうので、免疫が崩れてしまいます。
消化器官にも負担がかかるので、腸内環境のバリア機能が低下し、ここでも免疫が崩れてしまいます。


「でもブラックはイヤ!どうしても砂糖を入れたい!」という方は、『てんさい糖』を代用するといいですよ!
このてんさい糖には、普通の砂糖にはないミネラルが豊富に含まれているので、甘党の方にオススメです。



また、カフェインでの睡眠不足によって免疫機能が下がると、花粉症の悪化につながるので、
ここも気をつけましょう。



花粉症による目のかゆみ、不快感に対しては冷やすのと温めるのどちらが良い?


目がかゆいときは、小さい炎症を起こしているので、冷やすことで緩和されます。
閉じた目のうえから冷たいタオルなんかをおいてあげると良いですよ!

もやっとした感じからシャキッとします。


ちなみに逆に温めてしまうと炎症を悪化させてしまいます


それから不快感があるからといって、水道水などで洗眼をすると花粉などの異物を流してくれますが、同時に異物から守ってくれる涙までも流してしまうのでオススメはできません。
また、洗いすぎることで目の細胞が傷ついてしまいます。


花粉症にオススメの薬


数年前まで花粉症の薬を服用してましたが、最近は服用してません。


やはり薬に頼りたくないというのが大きいのですが、
副作用がイヤですね。特に眠くなるやつ。
カプセル型のやつはほとんどダメだった…

いくつか僕が試してきた中でもおすすめなのは『アレグラFX』です。
この薬は服用しても眠気や集中力の低下などの副作用は感られなかったです。

なのであまりにも症状がひどくなったら、この薬の服用を考えてます。


ですが薬に頼らずに、やはり食材の力で対策していくのが1番望ましいですね。




さいごに


友達同士で花見といった楽しいイベントがあるこの季節。
せっかくの盛り上がりを花粉に邪魔されないためにも、しっかりと花粉対策をしていきたいですね!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント